tt-trip

– Tomo's World Trip in 2015 –

*

ガンジス川での沐浴

   

さて、旅も最後のエリア、アジアに入りました。

1月に成田を出発し、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、北アフリカを経て、最後にアジアです。
旅も残り一カ月ほど。そろそろ終わろうとしています。

 アジアの最初の国、インド。
インドでは、ニューデリー、アグラ、バラナシの主要都市を訪れました。

 アグラのタージマハルも綺麗でしたが、

121

何よりも印象に残っているのは、バラナシのガンジス川です。

174

遅れることで有名なインドの夜行列車は、案の定遅れ、アグラから約15時間かけてバラナシに到着。
駅から出た瞬間、インド人のリヤカーの客引きが、すごい勢いで寄ってきます。

気づいたら、10人くらいに囲まれてる・・・。
インドではいつもこんな感じ。

 なんとか逃げて、ひとりのおじいさんを選んで乗ったのですが、ホテルに行ってよ!と言ったのに、よく分からないところで降ろされる。

周りは人人人、牛、犬、脱糞。
凄まじい喧騒と匂い。

167

 169

ああ、嘘つかれたな、と思って途方にくれていたら、別の道端にいたインド人がホテルまで電話をかけて助けてくれる。

不思議な国です。 

***

なんとかガンジス川の近くのホテルに辿り着き、一休み。

バラナシ滞在は2日間だけ。
なので、早速ホテルを出て、ガンジス川の川辺を歩くことに。

153
川辺をしばらく歩いていると、火葬場がありました。
近くのベンチに、そっと腰掛けます。

火葬が始まります。

大切に布で包まれた遺体を、宗教的な建物から川辺まで運んでくる数人の男たち。
先頭に「ヒンドゥー式の白い喪服」を着ている人がいましたが、その人が、遺体の一番の近親者、そしてこの火葬を執り行う人と教えてもらいました。

 遺体の周りには、男性のみ。女性はいません。
なぜ女性がいないかというと、ヒンドゥー教では、火葬中に泣くことは許されません。涙を流すと、死者の魂が天界に行けず、この世にとどまってしまうと考えられているからです。
女性は、感情的なので泣いてしまうかもしれない。だから、女性は、火葬のそばにはいれない。そのかわり、女性たちを乗せた船が何度か往復して、ガンジス川の上から火葬の風景を見ています。

 男6人で遺体を持ち上げ、ガンジス川の水に何度か浸し清めます。
そして、薪の上に置かれる遺体。

最後に、遺体の顔の部分の布をめくり、家族が写真撮影をしています。

この遺体の周りには、多くの人が集まっていました。

 顔を再び布で覆い、お祈りを捧げ、右回りで何度か遺体の周りを周りながら、白い喪服を着た親近者の男性が手に持っていた火を、体の上に置きました。

遺体が目の前で、真黒になって燃えていきます。
人の体が焼けていくのを、はじめて自分の眼で見ました。

先ほど、家族での最後の写真撮影の時に、一瞬見えた遺体の顔が、何度も頭の中をよぎります。まだ30代か40代の、若い男の方でした。おそらく、火葬を執り行う白い服を着た男性の、兄弟か子供なのでしょう。

不思議と、恐ろしいとか、目を背けたくなるとか、負の感情にはならなかった。
はじめは気が動転しましたが、徐々に心が静かになっていきます。

ここで、毎日のように行われる光景。
私にとっては全くの非日常。

 白い喪服の男性が、静かに遺体の横に座っています。
頭を全部剃り、ガンジス川で自らの身も清め、祈りを捧げた後、一番大切な人の体に、自らの手で火をつける。

すべての行為を、淡々と行っています。

 この人の表情を、私は一生忘れないでしょう。

涙が出そうになりました。
インドでは、死と生が近くにあります。

***

次の日の朝、ガンジス川で、沐浴しました。
ヒンドゥー教の人たちにとって、すべてを洗い流してくれる、特別な聖なる川。

ゆっくりと足から入り、胸まで水につかります。
手を合わせ、太陽に向かって目を閉じます。

 自然と、祈っていました。

「生かしてくれてありがとう」

いつか、自分も死にます。
そして、昨日見た遺体のように、焼かれて、骨だけが残るのでしょう。
その時、自分の隣で死を嘆いてくれる人がいたら、幸せなことなのだと思います。

 - アジア(Asia), ジャンル, 観光名所(Seeing Spot)

  関連記事

P1020816
ブエノスアイレスの美しい街並とおかしな為替相場

アルゼンチン、ブエノスアイレスを訪れました。 ブラジルでは、ユバ農場にも急遽行っ …

P1010519
シリコンバレー巡り(アップル・グーグル・フェイスブック本社)

アメリカは、農業や工業をはじめとする多くの産業を持つ国ですが、1980年代まで停 …

IMG_3557
夢の中の世界、ウユニ塩湖

さて、続いては、ウユニ塩湖です。 ウユニ塩湖は、多くの人から素晴らしいと聞いてい …

image2
なぜ、中国人は太っている人が少ないのか?ー中華料理とお茶

さて、世界一周も最後の国、中国に来ています。 はじめ、香港を経由して、 経済特区 …

vitaliser_nike-1211
FCバルセロナの「ロゴ」と経営状況

カンプノウでのFCバルセロナの試合を観に、スタジアムに行きました。 運のいいこと …

089
タイのバンコクで屋台めぐり

バンコクは以前来たことがあるので、3日くらいでいいかなと思ったのですが、初日に街 …

出発@空港
世界一周へ。/ Start my trip.

150年前、国境を越えて海を渡ることは命賭けの挑戦でした。 明治維新の頃、吉田松 …

3484
クラシックの本場、ウィーンの懐の深さ

東欧の国々と言えばクラシック。  昔、何年間かピアノを習っていたことがあるので、 …

609
砂漠と死

モロッコで2泊3日の砂漠ツアーに参加してきました。 ツアーと言っても、参加者は私 …

IMG_8893
中国人の日本への複雑な感情

中国にいる間、現地の中国人と話す機会がありました。 2週間の滞在で、15人くらい …