tt-trip

– Tomo's World Trip in 2015 –

*

ドイツ人と日本人は似ている?

   

ドイツを訪れました。

訪れた場所は、ベルリン、フランクフルト、ケルン、ローデンブルグ、そしてオーストリアの国境近くのノインシュバンシュタイン城。
観光地としては、ドイツはとにかく城が多いです。
下は、ノインシュバンシュタイン城の写真。

096

***

ところで、ドイツはヨーロッパの中でも、なにかと日本と縁がある国の一つ。

大学時代の友人3人とフランクフルトで合流して一緒に旅をしましたが、全員が口を揃えて、
「ドイツ人と日本人は似ているね。」
と言います。

私も、1か月前、ニューヨークからはじめてドイツのベルリンに到着した時から、同じようなことを感じていました。いったいドイツの何がそう思わせてくれるのでしょう?

欧米の中では、日本は特にアメリカと親密な関係にありますが、アメリカ人と日本人は性格や考え方の面で、違うところが多い。

しかし、なぜかドイツ人には近いものを感じる。

肌の色が違うにも関わらず、これほど親近感を覚える国民は、なかなか他にはないかも。
街の中でドイツ人を眺めていると、笑顔よりも、少し厳しそうな顔つきをした人が目立ちます。しかし、道を聞くために話しかけてみると、丁寧に教えてくれる。
背景とする宗教は違えど、「謙虚」「誠実」というものを大事にする国民性が、ふたつの国に共通しているのかもしれません。

歴史を振り返ってみても、ドイツと日本は深く関わっています。

明治維新の新しい日本を作る時代において、日本は当時のドイツ帝国から多くのことを学びました。たとえば、明治維新直後、伊藤博文はドイツの憲法学者に師事し、大日本帝国憲法を書き上げています。

そして、ドイツも日本も、戦争敗戦という暗い過去があります。

第二次世界大戦後は、自動車をはじめとする重工業に重点を置き、経済大国として大きく成長した二国。現在のGDPを見てみると、アメリカ、中国に次いで、日本が3位、ドイツが4位。

さらには、今後の不安要素も似ています。

少子高齢化が世界の中でも群を抜いて進行していて、どちらの国も2014年の時点で出生率は1.4ほどしかありません。

エネルギーについては、ドイツは日本に先駆けて、原子力を2021年までにゼロにし、国内の電力を再生可能エネルギーを中心に賄うことを2000年に発表しました。日本も大きくはこの方向に向かうでしょう。実際にノイシュバンシュタイン城に行く途中、車窓から外を眺めていると、ドイツの田舎部では、風力発電の風車が数多く稼働していることに気が付きます。

なんだか、過去の歩みも、直面している課題も本当にそっくり。

日本の今後の参考になりそうな国です。

***

しかし、日本と大きく違うところがふたつあります。

ひとつは、移民の受け入れ。

ドイツは、意外でしたが、世界で3番目に移民を受け入れている国なのです。
国内居住者の約20%が、外国人もしくは両親のどちらかが外国人となっています。
しかし、ドイツ自体は裕福な国のため、自ずと周りのまだ発展途上の国の人たちが、富や労働を求めてドイツにやってくることとなります。
最大の移民民族集団は、トルコ人。次いで、イタリア人と、ポーランド人。
しかし、安価な労働力として移民が来ると、程度の差こそあれ治安が悪化することは免れません。ベルリンでは、1週間ほど過ごしてみて、ホテルの中で乱闘が始まったり、他にも治安が心配な面を目の当たりにしました。

もうひとつ大きく違うのは、食文化です。

肉を中心に食べるドイツ。
ドイツレストランで食事をしていると、肉ばかり食べることになります。ソーセージをはじめとして、ドイツ流トンカツのシュニッツェル、豚料理のアイスバインなど。野菜を定期的にとることが結構難しい。ドイツで食べた野菜と言ったら、キャベツから作られたザワークラウトくらい。あと、季節もので、ホワイトアスパラガスをちょこっと。

180

しかも、主食はイモ類なので、米もなかなか食べれない。余談ですが、米が大好きな私としては、これは本当に辛かった!まだ日本食もあまり普及していないので、あまりに米が恋しくなったときは中華料理にいってチャーハンを食べまくっておりました。

この肉とイモ類中心の食習慣のせいで、ヨーロッパの中でも、ドイツは肥満人口が一番多くなっています。

加えて、ドイツは喫煙大国でもあります。

これは、10年前にベルギーで数人のドイツ人に会った時から思っていることなのですが、ドイツ人は、男性も女性もよく煙草を吸うなぁと。ひと箱の値段が700円くらいして高いので、葉っぱと紙を買って、せっせと自分で巻いて煙草を作っています。しかも喫煙者に聞くと、外で煙草を吸っていると、通りがかりの人に一本くれないかとせがまれることが、しょっちゅうあるらしい。ドイツの成人の喫煙率は、25%を超えています。

この肥満的な食習慣と喫煙習慣により、平均寿命は、80.8歳。日本の83.1歳に比べて、2.5歳ほど短くなっています。

おそらく、食を中心とした予防医学の観点が、ドイツで見直され、将来重要な分野となってくるでしょう。実際に、ドイツ国内では有機栽培も徐々に増え始めています。

日本においても、予防医学は、20-30年後の主力分野や産業になってくると思います。

 

違う国なので、違うところがあって当たり前ですが、日本人にとって親近感を感じる国ドイツ。
また今後も、ドイツには定期的に来たいですね。

 

 - ヨーロッパ・北アフリカ(Europe / North Africa), 文化と経済(Culture and Economy), 食(Food)

  関連記事

IMG_8893
中国人の日本への複雑な感情

中国にいる間、現地の中国人と話す機会がありました。 2週間の滞在で、15人くらい …

180
宗教とは何か?

アジアに入って、インド、タイ、マレーシア、インドネシアを回っていると宗教について …

china shenzhen
中国国家の力強さ

はじめ、アジアでの日程を考えているとき中国は香港にしか行く予定ではありませんでし …

343
ゴッホ兄弟との出会い

オランダのアムステルダムで、ゴッホ美術館を訪れました。 ファストチケットを買って …

P1010099
サンフランシスコのファーマーズマーケットと、世界でも有名なレストラン「シェ・パニーズ」

週末ですが、サンフランシスコのフェリービルで行なわれるファーマーズマーケットに行 …

318
スペインの芸術家たち:ピカソ、ミロ、ガウディ

スペインは、著名な芸術家を数多く輩出しています。 画家でいえば、ピカソ・ミロ・ダ …

P1010955
メキシコ料理の数々!②

続いて、メキシコ人にとっては親しみのある料理ですが、日本ではあまり聞いた事がない …

3484
クラシックの本場、ウィーンの懐の深さ

東欧の国々と言えばクラシック。  昔、何年間かピアノを習っていたことがあるので、 …

vitaliser_nike-1211
FCバルセロナの「ロゴ」と経営状況

カンプノウでのFCバルセロナの試合を観に、スタジアムに行きました。 運のいいこと …

サンフランシスコ講話条約1
日米安保条約が結ばれた場所、プレシディオ

今日は市内観光ツアーでサンフランシスコ観光。 ゴールデンゲートブリッジやフッシャ …